キッチンでのガス代節約法

キッチンイメージ

ガスをよく使う場所といえば、なんと言ってもキッチンでしょう。
ガスコンロを使ったり、給湯器のお湯を使ったりしますね。

そのキッチンでのちょっとした上手な使い方が、ガス代の節約につながることをみていきましょう。

まずは、急いでいるときなどによくしてしまいがちですが、お鍋ややかんでお湯を沸かすとき、鍋底が濡れたまま、ガスコンロにかけていませんか?

ガスコンロにかける前に、ちょっと鍋底をふいておきましょう。
水滴がついていることで、鍋底が温まるまで時間がかかってしまうからです。
このひと手間でガス代節約になります。

また、同じ量のお湯を沸かそうとするとき、
1・小さなお鍋で強火で沸かす
2・大きなお鍋で中火で沸かす
この場合は、大きな鍋底の広いお鍋を使って中火で沸かしたほうが、熱伝導が効率よく、ガス代を節約できます。

次に調理をするときに、すべてガスコンロを使っていませんか?

野菜をゆでたり、ふかしたりするときにはガスコンロではなく、電子レンジを使うことでガス代節約です。ジャガイモやにんじん、玉ねぎなど炒める前に少し電子レンジで加熱しておくと、調理時間が短くて済みます。

電子レンジで加熱する分の電気代と、調理するガス代を比較すると、電子レンジの加熱のほうが安くて済むことを覚えておきましょう。
ただし、野菜の電子レンジでの調理方法は調べておくようにしましょう。

また、冬場に多い煮込み料理を作るとき、弱火でコトコト炊くとおいしいですね。
しかし、何時間もガスコンロにかけていると、いったいどのくらいのガス代がかかるのでしょう。

そこで使いたいのは、圧力鍋です。
2~3長時間炊かないと柔らかくおいしくならないお肉も、わずか10分ほどの加熱で柔らかくおいしくなります。ガスを使う時間が短く、さらに調理時間も短いため、忙しい方にはぜひ活用してもらいたい調理器具です。

今では、炊飯器を使った調理方法も紹介されています。
自分に合った調理方法を選ぶということも、やりくり上手につながりますね。

ご飯を食べたら、洗い物ですね。
油ものだったり、冬場だったりすると、どうしてもお湯を使いたくなります。
冬場は手袋を使ってみてください。ちょっとの洗い物であれば、水でも冷たさをあまり感じることなく洗うことができます。

すべてにおいて、節約、やりくりをしていたのではツライだけです。
冬場の洗い物はここまで頑張るけど、あとはお湯でとか、自分だけのルールを作っておくといいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る