ガス代節約のお湯の使い方

ガスキッチン調理イメージ

ガスとひとことで言っても、お風呂やキッチン、洗面などさまざまなところで使っています。ここでは、毎日使うお湯の使い方によって、ガス代の節約につながることをみていきましょう。

まずは、毎日入るお風呂から。
お風呂は追い炊き機能がついていますか?給湯器のみですか?

追い炊き機能がついているお風呂は、家族それぞれが好きな時間に、自分の好きな温度に温めて入っていることがほとんどでしょう。

しかし、それでは、お風呂に入るたびにガス代がかかってしまいますね。
できる限り、家族がまとまって入れる時間にお風呂を沸かすようにして、家族にも協力してもらうことが必要でしょう。

そして、お風呂といえばシャワーを使うことが多くありませんか?
蛇口をひねれば、温かいお湯が出てくるので、ついついシャワーに頼ってしまいがちです。

シャワーに頼ってばかりいては、せっかくためた湯船のお湯がもったいないですね。追い炊き機能がついていれば、温めなおすことができるますが、追い炊き機能がついていない場合は、さらにお湯を継ぎ足して温めなおさなければなりません。

そのお湯を足すことを考えれば、湯船のお湯を使っておきたいところです。
体を洗ったり、シャンプーをするときには湯船のお湯を使って、最後にきれいなシャワーのお湯を使うようにしましょう。ガス代、水道代両方の節約につながります。

もちろん、湯船のお湯が残ったら、翌日の洗濯や掃除に使うとさらなる節約になります。入浴剤などを入れていなければ、植物にあげるお水にも活用しましょう。

夏場に朝起きて顔を洗うときは、水でも冷たさが気持ちよかったりします。
でも、冬場に顔を洗うときには、できればお湯を使いたいですね。
ここで、ちょっとしたお風呂のお湯の活用方法をご紹介しましょう。

夜にお風呂に入った後、湯船には温かいお湯が残っていますね。
そこに、きれいなお水を汲んだペットボトルを入れ、お風呂のふたを閉めて朝までおきます。

これだけで、朝には適度に温かいお湯ができています。そのお湯を使って顔を洗うのです。そうすれば、蛇口からお湯が出てくるのを待たなくてもいいですし、ガス代と水道代の節約につながります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る