電気代節約の冷蔵庫使用法

冷蔵庫の中

家庭の中で、重要な電化製品といえば、冷蔵庫ではないでしょうか。どの家庭にもあって、24時間電源をいれておかなければならない電化製品ですね。

そんな冷蔵庫も上手に使うことで、電気代節約につながることを覚えておくとよいでしょう。

冷蔵庫を購入したときには、どこに置くかをまずは考えなければなりません。
取扱説明書にも書かれているように、冷蔵庫の周囲のスペースは必ず確保しましょう。壁や棚にピッタリくっつけてしまうことで、放熱しにくくなり、冷却するために余計な電力を消費してしまいます。

次に、冷蔵庫の中を開けてみましょう。
どのくらい食品が入っていますか?
「ウチはまとめ買いだから、ギュウギュウに詰まっているわ」という人や「いるものしか買ってこないから調味料くらいだわ」という人などさまざまでしょう。

冷蔵庫は、かなりたくさん収納できるので、ついたくさん入れたくなりますが、冷却された空気が冷蔵庫の中をうまく循環するように詰めることで冷えムラがなくなります。

冷蔵庫によっては、奥のほうは、凍ってしまうくらい冷えているのに、前の方は全然冷えないなんてこともあるようです。
たくさん入れるときは、きれいに並べて、冷気の通り道をつくってあげましょう。
冷蔵庫は、食品同士適度なスペースをあけて保存することが基本です。

そして、冷凍庫を開けてみましょう。
どのくらい食品が入っていますか?

冷凍庫は、冷蔵庫とは逆に、ある程度食品同士をくっつけることで冷えやすくなります。できるだけ、食品を重ねたり、並べたりしてきれいに整頓して入れましょう。
冷凍庫は空きスペースをなくし、きっちり保存が基本です。

冷凍庫も、冷蔵庫も開け閉めは最小限にしましょう。
開け閉めが増えることで、冷気が外に逃げていってしまいます。
何が入っているのか把握しておけば、料理をするときも何度も開け閉めをしなくても済みますね。

冷蔵庫や冷凍庫に何が入っているのか、在庫表を書いておくことも、買い物に行く前に冷蔵庫を開けっ放しにして、何を買おうか考えなくても済みます。
必要以上にあけないようにすることも大切ですね。

あまりさわることのない温度設定はどのようにしていますか。
買ったときのそのままという人も多いでしょう。
基本的に、冷蔵庫は中、3℃前後くらい。
冷凍庫は中、-20℃前後くらいにしましょう。

野菜室やチルドルームなども、取扱説明書に適正温度が書かれていることがほとんどです。必要以上に冷やすことは、食材にとっても、電気代にとってもよくありません。適正温度を守って、効率的に冷やすようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る