節約しやすい食費から

食費の節約例

やりくり生活を始める前に、家計の見直しを書き出してみましょう。
そうすると、やりくりできる項目が見えてきます。

家賃や住宅ローンなど固定費を削るなんてことは難しいですね。
また、光熱費や通信費も削ることはできても、そうすぐに、簡単に減らすことなんてできませんね。

そうして見ていくと、1ヶ月の出ていくお金の中で節約しやすいものは食費ということになります。

中には、食費は削りたくない!と思っている人もいるかもしれませんが、削るだけがやりくりではありません。
ちょっと工夫するだけで、食費をかけなくても、今まで以上においしいものを口にすることは可能です。

さまざまな食材が値上がりを続け、身近によく使う食材もどんどん値上がりしています。今まで使ってきた食材で、今までと同じ料理をしていたのでは、もちろん食費も上がってしまいます。
食費をやりくりするためには、今までとは違う方法を選んでいく必要があるでしょう。

食費の節約を考える前に、今の1ヶ月の食費はいくらくらいかご存知でしょうか?
値上がりが続いている中で、食費は増えていますか?
増えたという家庭、逆に、減ったという家庭もあるでしょう。
値上がりラッシュの今だからこそ、増やさずに対応できる方法を身につけたいものですね。

だからといって、安い食材だけ使う食事では寂しい食卓になってしまうでしょう。
寂しい思いをしないように、上手に食材を選んで、上手に買い物をして、上手に料理をする方法を見つけましょう。

無理に食費を減らそうとするのではなく、予算内で収めるという気持ちでいたいものです。
減らそう、減らそうと思うと、どうしても安いものばかりに目がいってしまいます。
安いものを使うことだけが、上手なやりくりとはいえません。

いつもの食材に加えて、安い食材を加えたり、置き換えたりする方法で、今までと変わらない、または今まで以上の食事ができるようにしてみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る